トウモロコシの皮膚のかゆみかゆの方法はどれらがあり黒米トウモロコシ粥

に冬にとって、食べるとき、食べられるあつあつの料理はとても良くて、しかしただ毎日繰り返しているほとんどの料理、避けられないのも飽きが交換したい様子が変わると食べて、しかしないあまりに長い時間に準備する大きなテーブルの料理、今私はあなたの教え一番簡単な方法は、それは、めちゃくちゃし、一般の人にとって、お粥は最も普通のことだが、しかし、どうすればおかゆを喝出模様に来るんですか?今は教えさせて 男性延長 薬.

黒豆とうもろこしのおかゆの作り方

には黒豆

材料:黒米小半分杯トウモロコシ切り株いち杯トウモロコシ粉さんに1杯分の胡麻小把

P作り方:

p> <いち、黒米、トウモロコシ烫洗みたいにきれいに,トウモロコシ粉.

に土鍋を入れ、お湯を沸かす、黒米,皮膚のかゆみ、圧延じゅう分.清水のドロリペースト.

3、更にトウモロコシを入れて.

p>いよんしよ<、黒米略煮えたぎっ花みたいに開いて,トウモロコシも膨張.

p> <ご、トウモロコシおもゆ流し入れ、半蓋ぶた転がっじゅうご分.

6、食べた時に現すくう.

p関ジャニで蓋をしてもいいです.

ヒント:黒米トウモロコシを飲んでお粥時、もし何味粥粥リガいくつか、砂糖やハチミツ.適当な時にはあっさりとおいしい料理を用意することも用意されていて、また適当に.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です