女性の皮膚のかゆみ健康じゅうよんの月経期の保健の豆知識

pは、女性特有の生理現象ですが、この時期は女性にとって養生保健の鍵となりそうです.では月経期で、私達はどのように加護の女性の健康ですか?生理健康な飲食はどのように手配しますか?焦らないで、下小編紹介月経期保健のじゅうよんの豆知識も、とても役に立つよ!

月経期の保健のじゅうよん

ポイント

p1、正確には月経衛生用品

を使用して

にナプキンを陰門がかゆみ、不快感や異臭ときはすぐに使用を中止し、別に選ぶのその他のブランド.

p2、注意して保温、特に腰

に注意してください.寒い時は体に気をつけて注意して、涼しい地方に座ることを免れないで、冷たい地方に座って、涼しい場所、冷たい食を食べないで、冷たい飲み物などを食べないで,月経は切っても冷水浴を洗うことができません.

女性の腰は健康で敏感なところです.もしよく着ローライズ、腰に冷えやすい、下半身は風邪をひい宫寒、直接による女性.女性になる宫寒手足が冷たい、月経困難症などの症状.

3、下半身の血液循環を保持して、中にはサラッとしている.

下半身運動不足による骨盤うっ血を招き、生理痛に強めて、同時に心臓や血管もメリットがない、また、女性の乳房下垂.また、女性の陰部は長年潤ん、十分に換気しても婦人病の可能性を減らす可能性があります.

は、湿気が大きく、カビ性膣炎による女性月経月経.できるだけ少なく使用気密パンティーライナー.

よんしよ,避け坐浴

p>子宮内膜<月経月経期無数の小さな傷、子宮口を開けて、坐浴ないほうがいい.

p5、注意衛生

は、月経期には、毎日、温温水洗浄陰門を使用して、シャワーを採用する方が良いです.たらいで洗う時1人1人1人の1皿の1のスープを行うには、陰部は脚と分けて洗うこと.

p6、注意飲食<P>

食事になりたいのは“雑食動物」を毎日よんしよ種類以上の果物や野菜を食べて、毎週2回魚、また朝食に摂取各類の穀物や乳製品、適切な補充セルロース、葉酸、ビタミンC、ビタミンE.月経期の断食、スパイシーなどの刺激食品、月経困難症予防.

p>?症状が<月経時に低塩を食べて飲食して、適当に減少牛乳や甘いもの、セルロース摂取量が増えて、多く食べて赤身、全粒粉、蕎麦、大麦、深緑の葉野菜などを緩和に役立つ情緒、除去の水腫と乳房の膨れる痛み、疲労を軽減の食べ物.

p7、注意休み

私は月経期にいる、きっと自分の体の状況に注意して、その比較的に疲れの活動をすることを行うことを注意しないで,皮膚のかゆみ、比較的に激しい運動に参加しないでください.また、自分の睡眠の質を保証することに注意して、良い生活習慣を身につけて、自分で十分な睡眠を保証することを保証することを保証して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です