悲生田次郎物語斗真しい愛情文皮膚のかゆみ章

が1種の米と感傷的になって、彼女が来ても、
行ってもゆっくりと、
象のボート、
漂う心田は時々……

一種の美と感傷的になって、彼女も
悲しみかすかに、
痛みもこいこい、
ように古いギター、
時々心の琴線を弾いてい……

一種の美と感傷的になって、
彼女はどっちつかず、
ちらちら
彼女から時々に痛みを発掘し、
そっとで製造.

彼女は工夫を凝らしての中で生まれ、
いつもいい加減に現れ、
これは感傷的な美、
それこそ美の感傷的になる……

美と違って
、、幸せなどの語彙は、
美は、
一種、一種の升華して、1種の涅槃.は
各様の一種.

たとえば、別れの悲しみと恨みに含まれている美、
は一種の名殘を惜しむ哀婉の
決して立ってうれしいの角度の上で、
このように、喜ぶと等しいですか?
また、モデリングの美、
老松、みずち枝横逸、パッキン間違って結;
老人、顔の溝は縦横に、きちんと.
美の深さ、含蓄、
美素樸で

更に例えば、望郷の憂うつ、
オトナ吟余突然憂うつ、
村橋元樹のように我が郷?
思親の渴盼
小豆生南国、
春から何本;
君でいて多くを採集し、
それが一番 精力剤効果.

のに呻吟、
は多くの人間を生み出し、
まさか美冱絶倫ですか?
はだんだんと年老いるのに、
が強く、
の磨き、
世事の艱苦を表現し、
まさかこの名前は至善至美ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です