春の皮膚のかゆみ養生スープの6種類の春の養生のスープのレシピ

春が来ると、新しい年が始まります.新年新気象、私たちの体も最高の状態でこの新しい1年を迎えるべきで、次、小さい編はみんなに1の経済またおいしい養生のスープを紹介することを紹介します.

白玉豚小肚スープ

白玉

効果:また一年春が来たは、万物の蘇りの際は、春困ってもの襲来の季節.として次の仕事を奮い起こす普段の精神と旺盛な精力、そんなにこの祛湿散らす白玉豚小腹スープにぴったりうつらうつらしているあなた 精力剤.

材料:ボウコンろくじゅうグラム、トウモロコシろくじゅうグラム、赤いナツメのじゅう個,豚小腹500グラム.

制法:豚小腹を清める、塩、かたくり粉和えて拭いて、更にきれいに洗い流して.先に熱湯を入れて15分煮て、清水の中で洗い流して.赤いナツメは核に行った後、ボウコン、トウモロコシは一緒にきれいに洗って、清水でちょっと浸してから、再と豚小腹素焼き壷煮内に一緒に入れて、清水はち杯ぐらい.大火煮沸した後,最近弱火で煮るに時間が、適量に加入食塩と少量のサラダ油.

ハトムギ豚足湯

効果:内臓を強くする益胃、利湿,皮膚のかゆみ、壮腰のひざ.

材料:ハトムギ30 g、きれい豚足1匹の約半分斤.

制法:ハトムギ粉砕、豚足洗浄ブロックと一緒に入ればハトムギの土鍋に加え、黄酒、ショウガや清水1500 ml、ふたをして良い.先に猛火煮えたぎるを除いて、タンメン浮かぶ泡をとろ火で煮込んで、更にとろ火に約2時間;待豚足爛熟後、順次塩、醤油、ネギ、胡椒の粉.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です