月経期は何を食べて、皮膚のかゆみ女性に月経を享受させます

毎月総数日に女はつらいが、ときに女性の月経の時に、多くの女性は動こうとしない、とても気分が悪くて、実は月経期は女養生保健の良い時期、下小編はみんなと一緒に下記の内容.

pは月経が何を食べて何を食べて良い

p1、月経は食欲をゆるめて疲れて食を延納

は月経の潮が満ちてくる時、食欲が悪い、腰の酸っぱい、疲労などの症状.この時、宜使用経水の旅に有益な食べ物:ヒツジの肉、鶏肉、赤いナツメ、湯葉、リンゴ、ハトムギの仁、牛肉、牛乳、卵、黒糖、ヤクモソウ、当帰、耕地、モモの花など.

に、月経は補う飲食

気持ちいいは少女性、月経前期に少し不快な症状があり、鬱憤、心配、情緒的に緊張し、目、怒り、疲れ、疲労など.体内のエストロゲンと、プロゲステロンの比の不均衡について.

この時、选ぶべき気を補う、気持ちいい、調節の不良な情緒の食品、例えばキャベツ、柚子、痩せた豚肉,セロリ、うるち米、アヒルの卵、炒めビャクジュツ、淮ヤマイモ,皮膚のかゆみ、ハトムギ、ユリ、金丝瓜、冬瓜、昆布、ナマコ、ニンジン,大根、胡桃仁、クロキクラゲ、きのこなど.

P3、月経豊胸食、<

アメリカ医学専門家の研究発見、月経期の第一日及び第3日は絶対に豊胸の最優秀時機で、この数日間卵巣激昂ホルモンの24時間同量ホルモンの分泌が分泌されるためです.このホルモンの分泌は胸部の豊満に直接影響を与えることができて、それは乳房脂肪の買いだめを刺激することができて、つまり生理期間中にホルモンの変化によって特殊な飲食を制定することを制定して、豊胸の効果を達成することができます.

①甘酒卵

月経期で何を食べて豊胸問題専門家は提案、月経期は朝晩食べ上に1碗の甘酒卵、だけではなく豊胸同時にまた持って美容の効果.甘酒卵の作り方はとても簡単で、ただ甘酒加入を煮た卵の中に加え、砂糖は食べることができました.甘酒には糖化酵素、天然ホルモン、栄養完全な卵もカロリーの源と言える.だから月経期で甘酒卵を食べてだけでなく、生理を紛失したエネルギーを補充することができて、同時にホルモンを増やす、それも豊胸上物.

p②カルシウムカルシウム食物

はありふれたカリン豊胸ほか、月経期は三日前の時間の中で、我々はできるだけ多くいくつか食べてカルシウムの食べ物が同じ、カルシウム刺激ホルモンの分泌に達成豊胸効果.だから、月経前から食べGVとホルモンの分泌を促進することができ、豊胸食品と結び付けて、上手に豊胸効果.

、③ヨーグルト

、③ヨーグルト<P>、③に、この三日間で、ニンジン、ジャガイモ、大豆類やナッツ類の食べ物、これらの食品が発生する豊胸の効果は通常より3倍以上高いと言われている.たくさんの人が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です