皮膚のかゆみ獅子と狼

ししで朝食を食べながら、ごちそうの1匹の小さい子ヒツジ.

1匹の子犬を囲んで獣王の食卓をぐるぐるとは、本当に飢え、ライオンの爪から、そっと裂いた一面の羊肉.

ライオンも怒るのもされているって言っても飽きない.だってその幼い子犬、未熟な.

1匹のオオカミに見たこのシーンがと思っ:ししこんな温和な性格で、それ以上に子犬なのなのは温和で、さぞかし見かけ倒し.

狼も爪を伸ばすラム レビトラ最強.

しかし結末は惨め:どころか羊肉を食べないで、自分ではむしろ獅子の美味しい料理.

ししながら狼をかけらに引き裂くながら、模倣つぶやき、犬、あなたと盲目!あなたは習った子犬のようで、私もあなたに甘いと思って.私はあなたに対して同じように思う!子犬は無知で、あなたは大人になって、物事をわきまえてい!と

寓話啓発:

で強者しばしば弱者に同情し、しかし、あれらの無学、のほほんとしている人は決して媚びない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です