風皮膚のかゆみ車と小川

夏の畑に、機が飛ぶように回っている風車、車の小川の水が水に流れて遠くないところの田.それらの苗でながらながら、楽しく踊る.

風車をたたき小川:見ましたか?もし私は車が来た水を飲んで、彼らはいっぱい足、それらはジャンプのがそんなに好きですか?

小僧が、あなたは間違った.小川を睥睨した風車を目にして、ゆっくりと本場、それはあなたの手柄.

風車明らかに小川の傲慢されて怒った:“まさかあなたのおかげですか?」

小川満面に笑みをたたえるふふ、これは正しい.あなたがいなかったら、私は、あなたの回転が早く、それらもしか食べる物がない.なんだかよくない、すぐ言い直し道:“ああ、南東の風.」

聞いた苗が二人の論争は、あなたのおされ、私たちの幸せはあなたたちの共同の努力の結果.

風車聞いて平気、震えてた震える身機.小川笑いたい、顔には我慢のしわが出た.それは信じないから苗のでたらめなのにね、自分の功績で、どうしてもてき和稀泥、功労等分する.

数日後、風車が出た時の故障.小川の水は依然として高いところの苗が流れ、水の一滴もバックアップしないで、とっくに唇干舌燥.

は何日を過ぎて、主人が直った風車、小川の水が切れた.風車を十分一生懸命してきたただ風の音は、水の影.

太陽の下で、畑に裂が出たの隙間、苗がだんだん枯れて黄ばむ.なかったダンス、週りが静かに、生き生きとの光景のように急に消えて.

ついにある日、川の上流にまた来た水、風車は車に水の小川.苗を見ていてとても気持ちいいに飲み放題、徐々に回復した昔のこと、それはようやくわかった、その喜びを背後に、誰が誰にも離れられない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です